乱視は無理に矯正しなくても治るのです。
手術も眼鏡も乱視矯正コンタクトも不要な自宅でできる視力改善方法についての情報です。

乱視の原因は目の血流障害だった

私は昔から視力にはそこそこ自信があって、視力検査でもだいたい1.0を維持してきました。

ところがパソコンとスマホのせいか、あるいは40歳という歳のせいかこの頃ものがぼやけて見えるようになってきました。

いろいろと人に話を聞いたり、調べたりして見たら、老眼というよりもどうも乱視が強いようで、ものが二重に見えたりしていたのです。

私は読書とテニスが趣味なのですが、本を読んでいるとぼやけていて読み続けると頭が痛くなりました。
テニスも飛んでくるボールが見えにくいのです。

「メガネをかけるか、乱視矯正のコンタクトレンズをするか」悩みは深くなるばかりです。

おまけに、見えにくい度合いはどんどんひどくなるので、友達は面白半分でか「さらに悪化するようだと手術が必要になるよ」と脅すのです。

加えて免許の書き換え期日もあり八方ふさがりで悩んでいた時に、ある人から「乱視矯正コンタクトよりも生活習慣改善が必要」と言われたのです。
乱視改善マニュアル

正直、半信半疑だったのですが、理由を聞いて納得しました。

" />


目の筋肉、眼筋は、1日に約10万回以上も運動しています。
この眼筋に酸素や栄養がうまく運ばれないと、乳酸が分解されずに目の機能が低下し、目の「かすみ」や「ぼやけ」などの症状が出てきます。

さらに、この眼筋は目自体を支える筋肉が弱ってきて、水晶体や角膜の“歪み”や“ひずみ”を生じさせ、乱視を引き起こしてしまうのです。

・・・ということは、目の疲れを取り除くとともに、弱った眼の筋肉を回復させれば良んだ。

そのやり方を詳しく解説したものが売られているというのです。
理屈は納得したものの、胡散臭さもなくはなかったのですが、奨めてくれた人の言葉と返金保証があるということで思い切ってそれを購入しました。


>>私がクリアな視界を取り戻せたのはこれのおかげです

乱視を治すのに必要なのはたったこれだけ


教わった方法は、自宅で簡単にできましたし、確かに効果を実感しました。

一ヶ月くらい続けた後で、メガネなしで免許書き換えに成功。
視力は0.8止まりでしたが、視界はすっかりクリアになりました。

ボールも良く見えるようになり、好きなテニスを楽しんでいます。

>>クリアな視界が戻ってきた